読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AIS 定期公演 AIS-Scream(アイスクリーム)〜2位からはじまる物語〜vol.3

詳細

日時:2016年12月4日 17:30開場 18:00開演

場所:AKIBAカルチャーズ劇場

感想

 ライブスタートほぼ同時に入場。客数は日曜夜ということもあってか200人前後。

1曲目の「こいしょ!!!」で一気に盛り上がる。アイドルネッサンスのワンマンライブで初披露したガールズスカウト風の衣装。

 次の「情報」は推定少女のカバー。大味なアレンジでいまいちはまれない。

次はWhiteberryのカバーで「それだけなんだけど」。Whiteberryは「夏祭り」ぐらいしか知らなかったけど、この曲は青春パンク感があって良い。疾走感のあるビートが気持ちいい。

本日1曲目の新曲はジュエミリアの「All The Things She Said」。元曲はt.A.T.u.の一番有名な曲。ピンチケお断りの尖ったチョイスがしびれた。AISの裏テーマであるブックオフの100円コーナーで買ったCDの発表会にふさわしい1曲。出オチ感が強いので歌われなくなる予感がビンビンだけど最後のパートをすごく苦しそうに歌う宮本茉凜ちゃんが最高なのでたまに聞きたい。

ジュエミリアカバー【12.4「ALL THE THINGS SHE SAID」ライブ映像(初披露)】AIS(アイス) - YouTube

 「Superstar」は朝熊萌が歌いに踊る。見るたびに自由さが増していて今後が楽しみ。

次の「ナビが壊れた王子様(LOVE CHANCE)」はイントロの時点で良い曲って分かる。

ここで企画コーナー。「AISと過ごすクリスマス」と「テスト勉強なクリスマス」の2テーマに分かれてそれぞれ写真を用意する。前半のテーマは「AISと過ごすクリスマス」。1番手は朝熊萌。クリスマスの飾り付けの前に座る萌ちゃんと周りには人生ゲームやらケーキやらグミやら。正攻法でもかわいくなるのが良いよね。この企画のためにお母さんが飾り付けを買って来たっていうエピソードが良い。

次は関澤朋花。ともかちゃんが絵を描いている後ろからのショット。福島に住んでいるからクリスマスは絵に描いたみんなと過ごすという意味らしい。発想が二次元オタクのそれだ。

次は宮本茉凜。アイスを食べてるところを3枚。AISとアイスをかけた面白いやつ。会場が冷めてるのを察知したまりんちゃんがすぐに撤収させる。ロリコンは手厳しい。

次は橋本麗愛。シャアの仮面をつけた栗原舞優と2ショット。好きな人が好きな人のコスプレをしてて最高らしいです。百合厨大集合。

赤のサンタ衣装を来た4人が入って来て次のテーマに。

次のテーマは「テスト勉強なクリスマス」。

まずは島崎友莉亜。ベビメタ、°C-uteハロプロのDVDを抱えている。私にとってアイドルのDVDを見ることはテストと同じことだと。客席から感嘆の声が溢れる。ロリコンは若い子には甘い。

次は磯前星来。賢くなる歌詞ということでAISの楽曲の歌詞をまとめたものを4枚。これで英語も日本語も漢字も覚えられるらしい。

栗原舞優は眼鏡をかけて勉強している写真と間違えまくってる問題の2枚。

徳久陽加は何かで作った絆の文字。今年になってこの感じの読み方を知ったらしい。私は小学校の頃から知ってたと横から栗原舞優。

その後、前半のチームが緑のサンタ衣装に着替えて再登場。8人のサンタが集まったところで撮影タイム。

その流れで撮影曲は「ガラスのくつ」。

本日2曲目の新曲はTomato n'Pineの「ジングルガール上位時代」。満を持してって感じだね。同じアーティストから2曲以上カバーするのは初めて。アイドルネッサンスにとっての大江千里ベボベのようなグループにとって大切な存在にトマパイがなるんだろうと確信した。

この流れで同じくトマパイの「キャプテンは君だ!」。最高のディスコ空間がここに。

Tomato n' Pineカバー【12.4「ジングルガール上位時代」ライブ映像(初披露)】AIS(アイス) - YouTube

10月から3回やってきた定期公演も今日で一旦終了。さて、来年からはどうなるか?まだ客数も増えている途中の段階なので来年も定期公演をやってほしいというのが正直な気持ち。