読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイドルネッサンス 1stツアー「君の街まで訪ねるネッサンス!! at 新宿BLAZE

詳細

日時:2016年7月30日 13:00開場 13:30開演

場所:新宿BLAZE

感想

明日からの遠征に備えて大荷物で出発。この夏、1発目の遠征ということで気分も高まっていると言いたいとこだが、正直なところ抑うつ的なところはいなめない。

12:40に到着して西武新宿駅の100円のコインロッカーに荷物を入れる。整理番号は160番でやや上手寄りの中央に陣取る。会場ではFranz Ferdinandの「

Do You Wan To」やThe La'sの「There She Goes」などがかかり良い雰囲気。ほぼ定刻通りにThe Chemical Brothersの「Star Guitar」をSEにメンバーが登場。さて、いよいよ始まるぞっというところで曲のかけ間違いが発生。もう一度暗転して仕切り直し。ツアー初日の記念すべき1曲目は「トラベラーズ・ハイ」。軽やかなディスコソングでこのツアーの門出を祝う。

続いてこのツアーのテーマにふさわしいアジカンの「君の街まで」。

次は久し振りの「Music Lovers」。8人体制になってからは初披露だ。大人っぽい雰囲気を持った素晴らしいディスコソングで自然と身体揺れ動く。この曲の肝は後半の石野理子のソロに南端まいなの低音のハモりが入ってくるところだ。

 「タイム・トラベル」「PTA 〜光のネットワーク」と新体制での初披露が続く。PTAの冒頭のセリフ部分はのあちゃんとゆめかちゃんが担当。

ツアーなのであまりやらないことをやると言い、「フリートークをすルネッサンス」と題したコーナーが始まる。公演ごとにMCを変えていくらしい。本公演は南端まいな石野理子。最初は仕切らないのに話が弾み出すと急に仕切り出すまいなちゃん。それに突っ込む理子ちゃんという名コンビでした。

「ミラクルをキミとおこしたいんです」、「恋する感覚」、「Good day Sunshine」と続き、1stアルバムにも収録されている「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」。みんなで「青春って1,2,3 ジャンプ」の大合唱。

「初恋」「女の子は泣かない」「夏が来た!」としっとりとした恋愛ソングが続く。

そして、いよいよ新曲披露。今回のツアーでは「旅」をテーマにした新曲を各地で披露される。今回は髭の「それではみなさん良い旅を」。ガレージ感のあるサウンドにセリフのような歌詞がとてもキャッチー。

ここから一気にロックゾーン。
「夜明けのBEAT」、「17才」、「太陽と心臓」、「Yeah! Yeah! Yeah!」、「シルエット」と連続で披露。青臭い歌詞でも彼女たちの口から発せられると心に打つものがある。

そして「君の知らない物語」。長丁場のライブの最後の曲とは思えないいつも通り、いや、それ以上の完成度。

アンコールではZepp Divercityでのワンマンやチャオ ベッラ チンクエッティ、Negiccoとのツーマンライブの発表など。

最後に「夏の決心」披露してライブ終了。

メンバーが加入が決して停滞ではないことを見せつける20曲2時間強のライブだった。